• RSS

エンジン出力に大きく影響する吸気温度。 高温の吸気はパワーダウンやエンジンチェックランプ点灯の原因にもなります。 熱気吸引を軽減させるためにエアクリーナーの下に遮熱板を装着しエンジンの熱気吸引を防ぎます。サクションパイプはチャンバー型のアルミパイプを採用。また、アクセルOFF(過給圧を解放)時の『パシューン』とブローオフバルブのような音がレーシーな気分でやる気にさせます。クリーナーには乾式タイプ(APEX製パワーインテーク)を使用しております。
 
適合車種 N-ONE [JG1]、N-BOX [JF1] ターボ車専用
仕 様 サクション:チャンバー型 アルミパイプ ポリッシュ
遮熱板:アルミ製
エアクリーナー:A'PEX製パワーインテーク
取付方法 本体ボルトオン 取付所要時間目安:約60分
備 考
◆ エンジンストールや信号待ちでエンストする
ブローバイガスがスロットルバルブに付着し、カーボンとして堆積してしまい、アクセルOFF時のアイドリング用の吸気通路をふさいでしまうために起こる事があります。 アイドリングの回転数が低くなったりエンジンがストールしてしまうようになりましたら、まずはスロットルバルブの洗浄を行ってみて下さい。
※スロットルバルブの洗浄はエンジンを故障させてしまう場合がありますので正しく行って下さい。
国際配送対象商品(海外配送)
詳細です。

Rakuten International Shipping Item
Details click here




レイル LAILE * ターボ車専用 [JF1] 、N-BOX [JG1] N-ONE ホンダ インテークキット Beatrush-その他


車を運転してるのに、まだドライブレコーダーを搭載してない人っているのかな


レイル LAILE * ターボ車専用 [JF1] 、N-BOX [JG1] N-ONE ホンダ インテークキット Beatrush-その他

このページのトップヘ